レーダー照射問題についての韓国人の冷静なコメント

皆様あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、昨年は、韓国最高裁の元徴用工勝訴の判決に続き、韓国海軍艦艇による日本海軍哨戒機レーダー照射問題と、日本と韓国の関係は悪化の一途をたどっています。

日韓断交を支持する声もこのところ多くなってきています。

韓国側の二転三転する説明に対し、防衛庁は映像の公開に踏み切りました。
それがこちらです。

この日は天気もよく、視界も良好。
韓国海軍のレーダー照射は、北朝鮮の遭難船の捜索のためというのは、説明がつきません。北朝鮮の船舶と思われるゴムボートもこの映像には収められていますし、韓国海軍艦艇のほか、韓国海洋警察の警備救難艦「サンボンギョ」がしっかりと映っています。映像では何度も韓国海軍艦艇「クァンゲトデワン」に対して、レーダー照射の目的について問いかけていますが、一度も返事をしていません。
韓国側の主張通り、聞き取りにくい音声だったとは思いますが、しかし、無視することはないでしょう?そこが一番の疑問点であり懸念事項です。

また、北朝鮮の遭難船の救助であれば、わざわざ、海軍の艦艇が出ていくはありません。北朝鮮の遭難船とおぼしき漁船は、上記の写真で見てもわかる通り、小さな船舶です。

この遭難船と思われるゴムボートは本当にただの遭難船なのでしょうか?
なにか怪しい、日本側に知られたらまずいことでもやっていたのではないのだろうかと勘繰りたくもなりますね。

ところで、このレーダー照射問題ですが、肝心の一般の韓国人はどうおもっているのでしょうか?

朝鮮日報日本語版の韓国読者コメントからいくつかの意見を拾ってみました。
下記のリンクをクリックしてじっくりとコメントをお読みください。
韓国の公式発表とは全く違うコメントとそのコメントに対する「いいね」の数もしっかりとご確認ください。

レーダー照射:「日本、周波数データの公開を拒否」記事への韓国読者コメント
レーダー照射:「映像公開した日本側の対応に韓国『深い憂慮と遺憾』」記事への韓国読者コメント
「『射撃用レーダーだった』 日本が再び声明で全面反論」記事への韓国読者コメント

韓国人は冷静に見ています。


文政権は、同盟国である日本やアメリカに対し、非常に友好的でない姿勢を見せているばかりか、この一件では、日本やアメリカをはじめ、国際社会が制裁を継続している北朝鮮に対して、非公式で、便宜を図っているのではないかという疑惑も強まりました。

また、この一件も含めて、良識ある韓国人は、自国を破滅に向かわせようとしている文政権にはっきりとノーと言っているのです。

文在寅政権退陣を要求する太極旗集会は、ますます大きな動きを見せています。
詳しくは下記のリンクをクリックして、朝鮮日報日本語版の記事をご覧ください。

今年最後の太極旗集会に13000人、文在寅政権を激しく批判

日韓断交よりまず、日本の安全保障上も大きな懸念事項ともいえる文在寅政権にご退場いただきたいものですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com.

ページ先頭へ ↑

日米同盟強化有志連合

日本でも太極旗運動を応援しよう!自由大韓民国万歳!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。